• 頬のたるみ治療には外科手術のミニリフトを

    女性の顔の中で加齢によるたるみが一番でやすいのが、頬の部分となります。



    頬のたるみは老けて見られやすいのですが、美容コスメやサプリでは対策がしにくい部分で自力での努力には限界があります。

    この部分のたるみを改善するには、美容クリニックでのたるみ治療が最も効果があります。
    数あるたるみの治療の中でも頬のたるみの改善には、メスを使った外科手術であるミニリフトが向いています。


    ミニリフトは手術の傷跡が見えないように耳の軟骨に沿った髪で隠すことができる部分を切り、皮膚を後ろに引っ張って伸ばしてたるみを目立たないようにします。



    メスを使って行う他の外科手術と比べて手術時間が短く済み、手術後の腫れもほとんどありません。ミニリフトのたるみ治療は手術時間が短くその後の腫れもないタイプの手術となりますので、美容外科の手術は包帯で手術した部位を圧迫しておく必要があるものがほとんどの中で包帯を巻くこともなくガーゼをあてる対処法だけで済みます。制限されることが多いメイクや洗顔に関しても、手術後の翌日からメイクができ洗顔も手術当日から縫合部位を濡らさなければ行うことができます。手術後の仕事復帰も翌日からすぐに可能なので、仕事が忙しい方でも無理なく治療が受けられます。

    ミニリフトのたるみ治療の費用は約60万ほどのお金がかかりますが、その効果は半永久的に続くので長い目で見ればお得です。



    頬のたるみが気になる方は、ミニリフトの手術を検討してみては。